角栓にイライラ!どのクレンジングを選べばいいの?

 

角栓が気になる人

 

角栓の原因は、メイクの汚れ・皮脂のつまりです。

 

対策としては、クレンジングでしっかりメイクを落とし、古い角栓を残さないようにすることです。

 

おすすめのクレンジングをご紹介する前に、
20秒でクレンジングの選び方を解説します!

 

刺激が強すぎない

 

クレンジング後にひりひりしたり、お肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのため、低刺激なクレンジングがおすすめです。

 

【タイプ別の強度】

 

オイル〉リキッド〉ジェル〉クリーム〉ミルク

 

※オイルが最も強い

 

特に50代となると、お肌の衰えが目立ち始める年代です。
そのため、なるべく、刺激が少ないものをおすすめします。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

とW洗顔は日本人だけ?の独特の文化のようです。

 

ですが、ハッキリいって面倒ですよね(汗)

 

そのため、W洗顔不要のものをおすすめします。

 

 

返金保証あり!

 

人気があるクレンジングだとして、あなたのお肌に合うとは限りません。

 

そのため、返金保証ありのクレンジングを紹介します。
※すべてのクレンジングに返金保証があるわけではないです

 

上記のポイントを中心におすすめのクレンジングをご紹介します!

 

 

角栓にお悩み!おすすめ!クレンジングランキング

 

 

マナラホットクレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

 

【マナラ 公式サイト】
→https://www.manara.jp/

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp/

 

 

DUOザクレンジングバーム

 

プレミアアンチエイジング

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

【DUOザクレンジング 公式サイト】
→https://cp.duo.jp

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

【フィトリフト 公式サイト】
→http://www.phytolift.jp/

 

ビオルガ クレンジング

 

ビオルガクレンジング

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150g/1か月〜1.5か月
  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:3,990円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
必要

 

ビオルガ クレンジングは8種類の和漢植物の力でポカポカと暖かくなる、新感覚のクレンジングジェルです。

 

カンゾウ、キハダ、どくだみなど和漢植物にお肌の質感をしっかりケアしてくれます。

 

 

デメリットは?

 

返金保証なし

 

 

【ビオルガ クレンジング 公式サイト】
→https://shop.belleeau.jp

 

 

フルリ クリアゲルクレンズ

 

 

フルリ クリアゲルクレンズ

 

  • 返金保証:無制限!
  • 内容量:150g(※45日分)

  • 定期:2,900円
  • 通常:3,500円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

ノンオイル&毛穴専門クレンジングとして人気のフルリ クリアゲルクレンズ

 

返金保証は通常期間が定められていますが、無制限なのはフリルだけです。

 

ちなみに初回限定ですが、1本使い切っても返金可能・・・ってすごいですね(汗)

 

デメリットは?

 

すいません。
これと言って、デメリットがないです(><;)

 

 

【公式サイト フルリ クリアゲルクレンズ】
→http://www.fleuri.cc

 

 

クレンジングの基礎

 

角栓が気になる女性

 

 

オイルクレンジングのメリット・デメリット

 

オイルクレンジングは濃い目のばっちりメイクだけでなく、肌のくすみもスッキリ落とせることから愛用される方も多いようです。アイラインやマスカラといった目元のポイントメイクも短時間にきれいに落とせるだけでなく、肌に摩擦の負担をかけないマッサージオイルとしても使えて、鼻の頭の角栓や古い角質を落とせるというメリットもあり、一日の終わりの入浴時の洗顔に使うのがお勧めです。しかし、クレンジング力が強いということは、長時間の使用で肌に本来必要な皮脂、潤いの成分まで取り去ってしまう可能性が高いこともあり、毛穴を開かせ、肌を乾燥させやすいというデメリットもあるのです。よって、毎日使用する場合にはオイルクレンジングの後には、すぐにぬるま湯と石鹸・洗顔フォームで丁寧に洗ってすすぎ、化粧水をたっぷり押し込むようにつけて毛穴の内側にも水分を補給してから、乳液やクリームで蓋をするといったケアを施しましょう。また、クレンジングオイルを顔全体に使うのではなく、アイラインやマスカラ、口紅などのポイントメイクにのみ使用する、さらに、ファンデーション程度の軽めのメイクの日にはよく泡立てた石鹸・洗顔フォームのみで洗顔してみるなど、使い分けをして、自分の肌に合ったケアの方法を探してみるとよいでしょう。

 

 

 

クレンジングクリームのメリット・デメリット

 

お化粧とメイク落としは表裏一体の存在です。毎日きちんと洗顔して素肌を綺麗にしておかなければ、皮膚に余計な負担を与えてしまいます。素肌が美しくあってこそメイクも映えますので、適切なケアが肝心です。とはいえ、敏感肌の人にとって、メイク落としそのものがダメージになってしまうことも珍しくありません。その点クレンジングクリームならば、なにかと安心です。

 

そのメリットとしては、肌への刺激が抑えられている点にあります。オイルはお化粧を落とす高い効果を持ちますが、その分皮膚への影響も免れません。クレンジングクリームであれば、水とオイルがバランスよく配合されていますので、優しい使い心地です。また、保湿成分に長けた製品も多く、素肌ケアとしても有用となります。
デメリットは、コツをつかまなければ洗浄力が落ちる点です。とくに日焼け止めやポイントメイクには相性が悪く、複数の洗顔が求められることもあります。まずは手の平で軽く温めると、効果が増します。もしメイクが残っている場合は、顔に蒸しタオルを当てて、汚れを浮き上がらせるといいでしょう。メリットとデメリットを学びつつ、自分の肌に合ったクレンジングクリームをとりいれていくことが大切です。

 

炭酸クレンジングの特徴を解説

 

炭酸クレンジングとは、その名が表す通りに炭酸成分が配合されたクレンジング剤のことです。この炭酸成分は、炭酸飲料に含まれている炭酸と同様、水に二酸化炭素が溶け込んでいます。あまり聞きなれない炭酸クレンジングですが、一般的なクレンジング方法とは異なり、炭酸の泡の力で洗顔をするのが最大の特徴です。炭酸クレンジングは誰でも使えるクレンジング剤ですが、汗をかきやすい人や脂性であったり、冬季の乾燥で粉ふき肌になってしまうという人には特におすすめできます。脂性と乾燥肌と聞くと正反対の意味に取れますが、脂性だからこそ洗顔しすぎてしまい、肌の水分が失われて乾燥肌や粉ふき肌になってしまう人が多いのです。そのため、通常のクレンジングでの洗顔よりも、肌を擦ることが少ないので肌にかかる負担が軽い炭酸クレンジングが適していると言えるのです。

 

また、炭酸には汚れを落とすだけでなく、血行を促進するという特徴もあります。炭酸成分は二酸化炭素が原料となっているので、肌に浸透すると血液の二酸化炭素濃度が向上します。こうなると体は酸素不足に陥ったと錯覚し、酸素を取り込む為に血管を広げるようになります。そして、血管が広がることで、血行促進や冷え性改善等の効果を得られるわけです。
肌を擦らずに汚れを落とせるので、敏感肌や乾燥肌で悩んでいる人は炭酸クレンジングを試してみてはどうでしょうか。

 

 

ふき取り式のクレンジングの特徴を解説

 

フェイシャルクレンジングというと、朝晩の軽い洗顔よりもメイクや汚れをしっかりと落とすイメージがあり、ゴシゴシとまではいかなくてもパワー洗浄に近い感覚になります。これまではクリームやフォーム、オイルクレンジングなど様々なタイプが流行りましたが、最近増えているのがふき取り式です。
しっかり落とすのに、入浴中である必要はなく、水やお湯を使う洗顔とも違い、コットンさえあれば鏡の前ですぐにできるのが最大のメリットです。洗顔同様のクレンジングでは見にくい汚れ落ちもふき取り式なら一目瞭然で、コットンに付いたメイクや肌の汚れから「落ちてる」実感があるのもメリットでしょう。とはいえ、デメリットもあります。コットンが濡れた状態で顔をなでていくのですが、どれだけやさしくしても繊維は肌に触れ、一定の力もかかっていれば、肌へのダメージもゼロではありません。また、ふき取り式はクレンジング後のローションなども不要と言われますが、どうしても肌が乾燥しがちです。汚れ落ちに満足してしまい、その後の保湿などを怠ってしまいやすいものでもあります。水で洗い流した後ならすぐにつけられるローションやクリームですが、ふき取り後乾くのを待っていてついそのままでは逆効果です。

 

リキッドクレンジングのメリット・デメリットは?

 

クレンジングには様々な種類がありますが、リキッドクレンジングはさらりとした質感のクレンジング剤になり、一般的には水分をベースに作られ、水にも油にもなじみやすくなっています。

 

オイル制のものよりもさらりとした質感になっており、主成分が水であることから水クレンジングとも呼ばれます。油分を多く含んでいるために、濃いめのメイクお年に適しています。

 

リキッドクレンジングのメリットとしてはその洗浄力が上げられます。リキッドファンデーションやウォータープルーフなど濃いメイクや崩れにくいメイクなどをさっぱりと落とすことが出来ます。

 

さらりとした肌触りでぬるつきが少ないために、スッキリさわやかな使い心地を実感できます。また、メイク汚れをしっかりキャッチしてくれるため、すすぎの時に汚れの再付着が少ないと言われています。

 

 

リキッドクレンジングのデメリットとしては、肌への負担が多いことが挙げられます。汚れ落ちが良い反面、オイルタイプのクレンジングよりも界面活性剤が多く含まれています。

 

界面活性剤は洗浄力が強い反面、肌に必要な皮脂や保湿成分も一緒に洗い流してしまう可能性があるのです。

 

乾燥肌や敏感肌の人にとっては負担が大きくなる場合もあるために、使用には慎重になる必要があります。

 

お肌のお悩みQ&A

 

お肌に悩みがある女性

 

 

角栓の原因はなに?

 

角栓の原因は過剰に分泌された皮脂や古い角質、ホコリやメイク汚れなどです。皮膚から分泌される皮脂は、分泌量が多いと毛穴の中に溜まって毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

 

酸化による毛穴の黒ずみの原因ともなり、様々な肌トラブルのもととなるのが特徴です。肌に含まれる水分が不足して乾燥状態になると、皮膚を外気の刺激から守ろうと皮脂が多く分泌されます。

 

皮脂腺が活発な年齢の方や脂質肌の方だけでなく、乾燥肌の方でも皮脂が過剰分泌されるインナードライ肌に注意しましょう。また、ターンオーバーの乱れなどで肌表面に残った古い角質も角栓の原因の一つです。

 

健康な状態の肌は新しい角質が作り出され、同時に古い角質は剥がれ落ちますが、加齢や生活習慣、ストレスや疲労などで肌の調子が乱れると、古い角質が蓄積されていきます。

 

そのため、通常の洗顔料やクレンジング剤は脂汚れを中心に落とす効果がありますが、角栓はタンパク質でできているため特別なケアを行う必要があります。

 

メイクなど肌の汚れが残っていることも角栓を生み出します。洗顔やクレンジングで落としきれなかったメイクや汚れが残っていると、汚れは皮脂や古い角質と混ざり毛穴の角栓を作り出します。